ヒロセ通商(LION FX)をお得に作る方法!13のポイントサイト経由の申込を比較
スポンサーリンク

 

実際にヒロセ通商(LION FX)を作る場合には、通常の申し込みよりポイントサイト経由の申し込みの方がお得に作れます。

ポイントサイト経由で申し込んだ場合の各ポイントサイトごとの「ポイント獲得額(率)」と「日ごとの最高獲得額の推移」を調べてみました。

基本的に毎日更新していますので、是非参考にしてみて下さい。

※案件が表示されない場合は、ポイントサイト経由での案件がない可能性が高いです。ヘッダーの検索ボックスから似たようなキーワードでも探してみて下さい。

FXや仮想通貨に関しては、基本的に年会費はかからないので、複数の口座を開設することをお勧めします。

ポイントサイトの還元率もお得なものが多いので、複数の口座を開設して、自分の目的に合った会社を見つけるのが良いでしょう。

私も十社程度の口座を今までに開設しています。

ヒロセ通商(LION FX)を少しでもお得に作りましょう!

TokTok(トクトク)は、複数のポイントサイトを横断検索し、どのポイントサイトが一番お得にポイントを獲得出来るかを調べることがが出来ます。上(↑)の検索ボックスからサイト名やサービス名などお好きなキーワードを入力してみて下さい。
下記ページにもリストを載せていますので、こちらから調べることも出来ます。リストに掲載している案件は、過去30日間のポイント最高額(率)の推移も載せています。
是非、皆様のポイ活にお役立て下さい。

【毎日更新】ポイントサイト比較

今、一番お得なポイントサイトはどこだ!

情報取得日:2020/09/20

還元額サイト名案件
11,000円モッピーヒロセ通商 LION FX
11,000円ハピタスヒロセ通商 LION FX
10,000円ポイントインカム9/20までの高還元!ヒロセ通商
8,500円アメフリ【ヒロセ通商】LION FX
8,000円ちょびリッチヒロセ通商 LION FX
8,000円げん玉ヒロセ通商「FX取引」
6,000円すぐたまヒロセ通商
4,500円GetMoney!ヒロセ通商 【FX新規口座開設】
4,000円ECナビヒロセ通商
4,000円GポイントLION FX/ヒロセ通商「FX取引」
2,500円ライフメディアLION FX
2,000円colleeeヒロセ通商 LION FX
1,000円ポイントタウンヒロセ通商【LION FX】
45円ハピタス【LION FX】価格.com FX比較 口コミ投稿

【毎日更新】ポイントサイト最高還元額の推移

今、お得に作れるタイミング!?

日付最高還元額
2020-09-2011,000円
2020-09-1911,000円
2020-09-1811,000円
2020-09-1710,000円
2020-09-1610,000円
2020-09-1510,000円
2020-09-1410,000円
2020-09-1310,000円
2020-09-1210,000円
2020-09-1110,000円
2020-09-108,000円
2020-09-098,000円
2020-09-088,000円
2020-09-079,000円
2020-09-069,000円
2020-09-059,000円
2020-09-049,000円
2020-09-039,000円
2020-09-029,000円
2020-09-019,000円
2020-08-319,000円
2020-08-309,000円
2020-08-299,000円
2020-08-289,000円
2020-08-279,000円
2020-08-269,000円
2020-08-259,000円
2020-08-249,000円
2020-08-239,000円
2020-08-229,000円
2020-08-219,000円

ヒロセ通商/LION FXの特徴

基本スペック

スプレッド
※ドル円
0.2銭
最小取引単位
1,000通貨

特徴

スプレッドも狭いし、スワップも良い感じで頑張っているなーと思う会社です。キャンペーンも非常にユニークなものが多く、コロナ時には、マスクが手に入ったのでと2枚送られて来ました(余談)。

取引手数料0円、スプレッド0.2銭
取引手数料は一切かかりません。ドル円のスプレッドも業界最狭水準です。
1,000通貨単位で取引可能
一般的には10,000通貨単位での取引が多いのですが、1,000通貨単位での取引が可能です。少額からお試しで初めてみたい方にはオススメです。
2020年オリコン顧客満足度ランキング1位
オリコン顧客満足度ランキング1位との評価を得ているそうです。
24時間安心サポート
取引可能な時間帯(平日24時間)、電話やメールでの問い合わせに対応しています。
通貨ペア数が多い
通貨ペア数が50種類と多いのが特徴です。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事