セントラル短資FXをお得に作る方法!13のポイントサイト経由の申込を比較
スポンサーリンク

 

実際にセントラル短資FXを作る場合には、通常の申し込みよりポイントサイト経由の申し込みの方がお得に作れます。

ポイントサイト経由で申し込んだ場合の各ポイントサイトごとの「ポイント獲得額(率)」と「日ごとの最高獲得額の推移」を調べてみました。

基本的に毎日更新していますので、是非参考にしてみて下さい。

※案件が表示されない場合は、ポイントサイト経由での案件がない可能性が高いです。ヘッダーの検索ボックスから似たようなキーワードでも探してみて下さい。

FXや仮想通貨に関しては、基本的に年会費はかからないので、複数の口座を開設することをお勧めします。

ポイントサイトの還元率もお得なものが多いので、複数の口座を開設して、自分の目的に合った会社を見つけるのが良いでしょう。

私も十社程度の口座を今までに開設しています。

セントラル短資FXを少しでもお得に作りましょう!

TokTok(トクトク)は、複数のポイントサイトを横断検索し、どのポイントサイトが一番お得にポイントを獲得出来るかを調べることがが出来ます。上(↑)の検索ボックスからサイト名やサービス名などお好きなキーワードを入力してみて下さい。
下記ページにもリストを載せていますので、こちらから調べることも出来ます。リストに掲載している案件は、過去30日間のポイント最高額(率)の推移も載せています。
是非、皆様のポイ活にお役立て下さい。

【毎日更新】ポイントサイト比較

今、一番お得なポイントサイトはどこだ!

情報取得日:2020/12/05

還元額サイト名案件
10,000円ポイントインカムセントラル短資FX
10,000円げん玉セントラル短資FX
9,000円ハピタスセントラル短資FX
9,000円ちょびリッチセントラル短資FX
8,500円GetMoney!セントラル短資FX
8,000円モッピーセントラル短資FX
6,750円ポイントタウンセントラル短資FX
6,000円ライフメディアセントラル短資FX
4,800円すぐたまセントラル短資FX
4,500円colleeeセントラル短資FX

【毎日更新】ポイントサイト最高還元額の推移

今、お得に作れるタイミング!?

日付最高還元額
2020-12-0510,000円
2020-12-0410,000円
2020-12-0310,000円
2020-12-0210,000円
2020-12-0110,000円
2020-11-3028,000円
2020-11-2928,000円
2020-11-2828,000円
2020-11-2728,000円
2020-11-2628,000円
2020-11-2528,000円
2020-11-2428,000円
2020-11-2328,000円
2020-11-2228,000円
2020-11-2128,000円
2020-11-2028,000円
2020-11-1913,000円
2020-11-1813,000円
2020-11-1713,000円
2020-11-1613,000円
2020-11-1513,000円
2020-11-1413,000円
2020-11-1313,000円
2020-11-1213,000円
2020-11-1113,000円
2020-11-1013,000円
2020-11-0913,000円
2020-11-0813,000円
2020-11-0713,000円
2020-11-0613,000円

セントラル短資FXの特徴

基本スペック

スプレッド
※ドル円
0.2銭
最小取引単位
1,000通貨

特徴

業界最狭水準のスプレッド ドル円0.2銭
ドル円0.2銭、ユーロ円0.4銭など業界でも最狭のスプレッドで提供しています。
スキャルピングに最適なスピード注文
数秒で売買を繰り返すスキャルピングにも便利なスピード注文。すべて1クリックで発注することができ、通貨ペアごとの注文パターンを設定しておくことが可能です。
スマホでもPCでも取引がスムーズ
スマホ、タブレット、PCブラウザ、PCインストール型などお使いになるディバイスに合わせた最適な取引ツールが提供されています。
会員限定優待サービス クラブオフ
クレジットカードや各種会員制サービスなどで見かける「クラブオフ(年会費無料)」ですが、セントラル短資FXも導入しています。口座を持っているだけで、国内・海外宿泊、レジャー、ショッピングなど各種サービスが割引を受けられます。もし、「クラブオフ」を持っていないよということであれば、とりあえず、セントラル短資FXの口座開設して、無料で持っておくのも良いかと思います。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事