【毎日更新】リクルートカードはどのポイントサイト経由が一番お得か!
スポンサーリンク

リクルートカードは、カード利用額に対して1.2%のリクルートポイントが貯まりまる年会費無料の高還元率クレジットカードです。

実際にリクルートカードを作る場合には、通常のお申込みよりポイントサイト経由の方がお得です。

ここでは、ポイントサイトを利用した場合のポイントサイト毎の「ポイント獲得額(率)」と「最高獲得額の推移(日別)」を掲載しています。

基本的に毎日更新していますので、是非ポイ活の参考にして下さい。

※案件が表示されない場合は、ポイントサイト経由での案件がない可能性が高いです。ヘッダーの検索ボックスから似たようなキーワードでも探してみて下さい。

リクルートカードを少しでもお得に作りましょう!

TokTokは、複数のポイントサイトを横断検索できるサイトです。他のポイントサイト案件を調べるにはこちらからお願いします。

【毎日更新】ポイントサイト比較

今、一番お得なポイントサイトはどこだ!

情報取得日:2021/01/24

還元額サイト名案件
4,000円ポイントタウンリクルートカード
4,000円ポイントインカムリクルートカード(JCB、Mastercard、VISA)
4,000円すぐたまリクルートカード
4,000円ライフメディアリクルートカード
4,000円げん玉リクルートカード
4,000円colleeeリクルートカード
3,600円GetMoney!リクルートカード
3,500円ハピタスリクルートカード
3,000円モッピーリクルートカード
320円ECナビリクルートカード(JCB)
252円ECナビリクルートカード
250円Gポイントリクルートカード

【毎日更新】ポイントサイト最高還元額の推移

今、お得に作れるタイミング!?

日付最高還元額
2021-01-244,000円
2021-01-234,000円
2021-01-224,000円
2021-01-211,000円
2021-01-201,000円
2021-01-191,000円
2021-01-181,000円
2021-01-175,000円
2021-01-165,000円
2021-01-155,000円
2021-01-141,000円
2021-01-131,000円
2021-01-121,000円
2021-01-111,000円
2021-01-105,000円
2021-01-095,000円
2021-01-085,000円
2021-01-071,000円
2021-01-061,000円
2021-01-051,000円
2021-01-041,000円
2021-01-031,000円
2021-01-021,000円
2021-01-011,000円
2020-12-311,000円
2020-12-301,000円
2020-12-291,000円
2020-12-281,000円
2020-12-274,000円
2020-12-264,000円

リクルートカードの特徴

リクルートカードは、カード利用額に対して1.2%のリクルートポイントが貯まりまる年会費無料の高還元率クレジットカードです。コスパ的にも非常にお得なカードです。リクルートポイントは、Pontaポイントと交換することができ、また、リクルートが提携しいる様々なサービスでも利用することが出来ます。年会費無料でこの還元率は最強でしょう。

基本スペック

年会費 無料
国際ブランド
VISA、MasterCard、JCB
ポイント還元率 1.20%~3.20%
ポイント リクルートポイント
交換可能マイル

特徴

通常のポイント還元率が1.2%と最強クラス
年会費無料で利用額に対して1.2%還元のカードはなかなかないです。最強クラスと言っても良いでしょう。電子マネーのチャージでも100円につき1.2ポイント付与されるという凄さ!とにかくコストをかけずに高還元率のカードを作りたいならオススメです。
Pontaポイントに交換できる
リクルートポイントをPontaポイントに交換することが出来ます。Pontaポイントはローソンなど使い道が広いですね。また、リクルートポイントは、ポンパレモールやじゃらんなどのリクルートのサービスでも利用出来ます。
充実の旅行保険
利用付帯にはなりますが、海外旅行保険が最高2,000万円、国内旅行保険が最高1,000万円の充実した補償がついてきます。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事